2005年09月29日

輝く灯り

050929genitop.jpg最近のガソリンの高騰が影響しているわけでもないが、キャンプ道具の火器を灯油仕様化することを考えていた。すでに《Primus》Omni-Fuel Stoveは灯油で駆動させている。となれば、次に欲しいのはランタンだ。もともとペトロマックスのランタンが欲しかったのだが、なにせ高嶺の花。そこで僕はペトロマックスのコピー品とも言える中国製ランタンのシーアンカーNo950を手に入れた。手間のかかるケロシンランタンに慣れるまでと思っていたのだが、でかくてとてもフィールドに持ち出す気になれなかった。なにしろできるだけコンパクトな装備を心がけているのだから。

と、前置きが長くなってしまったが、灯油を使ったランタンを購入した。ペトロと言いたいが、そのサイズの大きさは僕にとって現実的(実用的)でないので、コンパクトなゲニオールランタン(Geniol Lantern/830 Rapid 150cp Polished Brass)を手に入れた。

ゲニオールランタンは1960年代にドイツHeinze社によってプロトタイプが作られたと言われている。明るさは100ワット程度。ペトロマックスの1/4ほどに過ぎないが、穏やかな柔らかい光を放つ。真鍮製の本体に磨きをかけ美しいブラス特有の輝きは、持つ喜びを感じさせてくれる。予熱用ヒーターと圧力計を標準装備しているので、扱いやすい。

現在愛用しているコンパクトなガソリンランタン、Peak1と比べると径は同じぐらいだが高さは約6センチほど大きいが十分にコンパクトな部類だ。燃焼時間はPeak1は2~3時間程度。ゲニオールは約5時間。夕方6時に灯せば11時頃までは持つ計算だ。そんな時間はもうメインのランタンは消している。

僕が今回手に入れたのはランタン本体にリフレクタ、ソフトケース(リフレクタケース付き)、マントル5枚がセットになっているものだ。早速宅配便の梱包を開いて、本体のチェック。そしてガマンできずに、マントルを取り付けて点火してみた。ガソリンと違って予熱が必要だ。今回は室内と言うこともあり、豪快な音と炎を出す予熱用ヒーターではなくアルコールで予熱をした。手順はもうアンカーで把握している。優しい燃焼音をたてながら放たれる柔らかい光。テーブルランタンに使われることが多い光量だが、わが家にとってはメインとして十分だ。

これでメインになるストーブとランタンの灯油化ができた。キャンプ前日にガソリンがないだのと慌てないですむ。なにしろ燃料は24時間ガソリンスタンド買えるのだから。さ、次のキャンプにはフィールドデビューさせよう。

●ゲニオールランタン 830ラピッド 150cp ポリッシュド ブラス
燃料:灯油(タンク容量500cc)
サイズ:約125mm×300mm 1.37kg
燃焼時間:4~5時間
明るさ:最大100キャンドルパワー

投稿者 taimatsu

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.freeflipper.net/cgi/mt/mt-tb.cgi/201

コメント

お~!深夜の燃焼テストに続き、タイムリーなブログのエントリー。
たいまつさんの「新しいお道具GET]の喜びが伝わってきます。

武井さん、今朝煤だらけの本体を綺麗に洗い、もう一度トライしたところ、綺麗な青い炎が付きました。

が、青い炎の中にオレンジ色の炎がチラチラと上がるので、圧が下がったのかとポンピングしたら・・・また火だるまですわ。。。ガク!

もう、何回分解して煤を洗っただろうか・・・。
店員さんに、「完全アナログな世界なので、結構点火が難しいから頑張って!」と言われた意味がようやっと解りました。
早くコツを掴みたいです。(泣)
昼休みにもう一回チャレンジだわん!

投稿者 ちょび : 2005年09月29日 12:04

嬉しいというか、なんというか・・・。
とうとう買ったという思いにかられています。
珍しく、勢いで買うんじゃなくて
長いこと念願のままのモノでしたから。

武井君、手強いですね。
僕は過去に101持ってましたが
こいつは楽勝だったなぁ。

そういえば武井バーナーのサイトに
「社長直伝虎の巻How to use」がありますが、見てますよね。
http://www5a.biglobe.ne.jp/~takei/html/howto/howto.html

頑張ってくださいね!
週末の登場、楽しみにしてますから!!

投稿者 たいまつ : 2005年09月29日 12:15

お~!とうとう買ったのですね!
オイラもずっとゲニを狙ってはいたのですが、今ひとつ躊躇していました。。
先を越された~~!(笑)

で、どうですか?
別に点火とか難しくないですか?
たいまつさんはシーアンカーでコツをつかんでいるから楽勝なのかな~?
今度キャンプでご一緒する機会があったら見せてくださいね!!
ところでセットといい上の写真といい・・オイラも狙っていた某通販サイトから買いましたね?
あそこは値段がずいぶんと安いのですが、取引はスムーズでしたか?

オイラも買っちゃおうかな~~・・といいつつ悩む・・。
ちょびさんは火だるま??
みんなディープな世界(灯油な世界)に逝っちゃった・・もとい・・行っちゃったのね~~。。

投稿者 たつごろう : 2005年09月29日 17:28

>社長直伝虎の巻How to use
見てますが、あの通りにはナカナカならんのじゃ。。。
キャンプ道具は初期不良を掴まされ続けているので、コレも初期不良か?と思った位です。

青い火が無事点火しても火力にイマイチパワーがないので、コイルも赤くならないんですよ。
なのでポンピングしたのだが・・・・。(爆)
やっぱりコールマンは良く出来てます!私でも簡単だもの。。。
店員さんが、「余熱は兎に角長くやってね」と言っていた意味も良くわかった。
マニュアルには、「約90秒、寒冷地では5分必要な場合がある」と書いてありますが、千葉県の今の時期の気温で5分はかかる模様です。90秒じゃ、煤ばっかり出て点火しませんもの。
結局昼も時間なくて出来なかった。

たつごろうさん>
本当にディープな世界だわん。こんなもの簡単に操れるようになったら愛着沸くでしょうね。
今は武井さんにソッポ向かれ、片思い中ですが・・・。

投稿者 ちょび : 2005年09月29日 18:00

たつさん、たぶん同じサイトだと思います。
ここは以前別物も購入したので・・・。
取引は問題なしですよ。値段は安いけど安心です。
値段を安く頑張っているショップだから、
僕はついこの間まで「ガンバルゾ」だと思ってました。

ゲニ、点火は予熱用バーナー使うより、アルコールで予熱すれば
手軽で、静かで、簡単です。たつさんもぜひ!

ちょびさん、オプションの足踏みポンプを導入したら?
予熱しながらのポンピングが楽かもね。
しかし、ケロシンは予熱命です。
短い予熱は命取り~!

あせらず、さわがず、じっくりと、です。

投稿者 たいまつ : 2005年09月29日 18:28

どうしてこうもブツへの嗜好が似ているのでしょう(笑)
僕もずっと欲しいと思っているランタンです。いいなあ。
「ガンバルゾ」は漏れなくチェックしていました^^
感化されていっちゃいそうな自分が怖いなあ(爆)

投稿者 でっぱ : 2005年09月30日 07:30

やはりでっぱさんも・・・。

そういえばめるさんも、西湖レポに「欲しい」と
書いてありましたなぁ。

ゲニはペトロのようにサイト全体を照らせないかもしれませんが
その程よい明るさが、僕的にはメインで使える光量です。

自転車用ポンプでポンピングできる
バルブもオプションにあるから、でっぱさんもOKですね。

ぜひ、ポチっといってください。

投稿者 たいまつ : 2005年09月30日 09:15

めちゃくちゃ出遅れ・・・(^^;
いいなー。いいなー。いいなー。
そうです。欲しいです!(笑)
こんなに美しいランタンは見たことない!って
はじめて見た時にマジで思いました。
キャンプデビューが楽しみですね!

ちょびさん、武井君で苦労されているようですね。
私のはプレヒートさえしっかりやればそんなに苦労しないですけど。。
個体差でしょうかね?
稀に圧がかかりすぎてうまく燃焼しない時もあるようですが・・。

投稿者 mel : 2005年10月07日 01:26

で、めるさんはいつポチっと・・・。

この間、小野川湖で点灯させたけど
一度はうまく灯ったのに燃料を再補給したら
燃料漏れを発見。
初期不良かなぁ、修理が必要そうです。

投稿者 たいまつ : 2005年10月11日 13:05

コメントしてください




保存しますか?