2005年08月28日

晩夏の湖畔キャンプ(ツーリング編)



●福島県:裏磐梯小野川湖 庄助キャンプ場

朝6時目が覚める。どうやら昨夜降り続いていた雨はやんだようだ。テントの窓から外を覗く。朝の空気が顔を撫でる。曇っているようだが、雨の降る気配はない。僕は眠っている家族を起こさないように、そっとテントを抜け出した。もちろん犬たちも一緒だ。

雨上がりの早朝、僕は犬たちを連れて一人漕ぎ出した

僕は昨日引き上げておいたカヌーを担いで、水辺へと運んだ。寝起きのカラダには、少し堪える作業だ。そして犬たちを乗せて、波ひとつない鏡のような湖面へとカヌーを漕ぎ出した。しばらく漕いでいると、釣師のボートが何艇か出てきた。ボートの上で立ち上がる様子を見て、突然JOJOが「ゥワホッ!!」と一声吠えた。動きが怪しく見えたのかなぁ。JOJOの声は静けさを切り裂くように、湖全体に響き渡った。たぶん対岸にも届いてかもしれない。朝からお騒がせな子だ。

虫除けのために麻から焚火 犬たちは二度寝にはいる 8Rでスープを温める

しばらく一人の時間を堪能してサイトに戻る。雨上がりの朝だ。蚊が多い。管理人さんもお盆のときより多いと言っていた。そこで寒くはなかったが焚火をする。煙がたちはじめると、幾分蚊が減った。娘たちも起きてきたので、朝食にする。トーストとスープ、スクランブルエッグ、ソーセージ、ベーコン。いたって簡単な食事だ。僕はさっそくビールをあける。朝から飲むビールは旨いなぁ!

朝食がすんでのんびりしていると、10時頃ちょびさんたちがやって来た。しばしプチ宴会&おしゃべりタイム。お昼をどうするかという話になる。カヌーで出て離れた場所にある小さなビーチに上陸して食べようよという案もでたが、なんだかんだで戻ってきてから食べることにした。

清々しい風にJOJOも満足 わが家の娘と先を行くいがちゃん ちょびさんは愛犬たちと

そうと決まれば、さっそく準備して出発だ。クーラーにビールと飲み物、お菓子などをつめた。娘たちはいがちゃんに乗せてもらう。ちょびさんは愛犬たちを、僕は奥さんとJOJO&マロンを乗せて行くことになった。これまでちょびさんたちにカヌーを借りて数回漕いだことはあるが、こんなに長い距離を漕ぐのは初めてだ。だがそれほど風も吹いていないので、順調に僕たちは漕ぎ進めていった。サイトから左回りに漕いでいく。どのくらい漕いだだろうか。白い砂浜の小さなビーチが見えてきた。

離れたビーチに上陸 枝取り競争が大好きな二匹 マロン姐さんもご機嫌だ

どうやら先客がいるようだ。同じキャンプ場に泊まっていたカップルだ。僕たちは上陸し、カップルと挨拶をかわす。彼らはちょうど出るところだったようだ。「お先に」と言って、湖に出て行った。ビーチには僕たちだけだ。そこで犬たちを離す。小太郎とJOJOは早速枝のレトリーブごっこ。一本の枝をめぐって競争するのが好きなようだ。
dawnちゃん、マロン姐さんのチビッコ組も、いつになくおおはしゃぎ。走り回ったり枝で遊んだり・・・。その様子を見ながら、ビールを飲む。心地よい時間が流れていた。

秋を告げるお客さん 琴を乗せて行くちょびさん 小島に上陸する二人

30~40分ビーチでくつろいでいた。そろそろお腹もすく頃だ。サイトに戻ろう。帰りはちょび家の愛犬たちとみーがいがちゃん艇に、琴がちょびさん艇に乗ることになった。バウに座った琴は、小さなカラダで一生懸命パドルを扱っていた。途中の湖面に浮かぶ島に、ちょびさんと琴が上陸。ふたりで島を一周。こんな遊びができるのも、カヌーならではの楽しみだ。
帰りはサイトから少し離れたボート乗り場にカヌーをつけた。そこから歩くとすぐにコンビニに行ける。お昼ご飯やビールを買い込んで、再びカヌーへ。そしてサイトへと戻った。

ちょびさん専属バウレディ? いがちゃんと一緒でご機嫌 子どもだけで漕ぎたかったんだ

サイトに戻るとすでに2時少し前。結構漕いだんだなぁ。PFDをはずすと汗びっしょりだった。昼食をすませると、娘たちがカヌーを漕ぎたいと言う。ふたりでファルホークに乗って漕ぎ出す。本当に好きなんだなぁ。これからもっと連れって行ってあげよう。キャンプ場で飼われているイングリッシュセッターのマックスが遊んでいるの見て、犬たちが大興奮。そこで犬たちも遊ばせた。
楽しい時が過ぎるのは早い。考えれば繰るときはちょびさんのお宅から出発したけど、帰りは都内を抜けてさらに長い距離を走るのだ。心残りだったが、撤収をはじめる。来る時に積んでいたソロカヤックはプーさんのところに嫁入りしたので、キャリアがあいた。そこにファルホークを積載する。ちょっと手間取ったがなんとかニ艇載せた。その間に奥さんと娘たちが粗方撤収を済ませてくれた。また紅葉の時季に来よう。そう話しながら、夕暮れせまる小野川湖を後にした。

帰り道も順調だ。来る時よりも眠気などは襲ってこない。磐越から常磐道に入り、いつものように守谷SAで食事をする。そしてちょびさんたちと別れの挨拶をし、僕たちはそれぞれの家へと車を走らせた。

投稿者 taimatsu

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.freeflipper.net/cgi/mt/mt-tb.cgi/189

コメント

う~~ん(^^)楽しかったですね。
先週のことなのに、随分と昔のことのように思うよ。
お天気がイマイチだったのが残念でした。
紅葉の時期にでもまたリベンジということで。。

投稿者 ちょび : 2005年09月02日 10:57

奥のビーチ、僕もお気に入りです。
プライベート感たっぷりでいいですよね^^
帰りは向かい風が強くて仲間に引いてもらった記憶が蘇ります。
はあぁ~。再開したいなあ。

投稿者 でっぱ : 2005年09月02日 12:01

ちょびさん、本当に楽しかったですね。

今度は最低2泊はしたいです。
紅葉見に行きましょうね!!


でっぱさん、ぜひ空ちゃん乗せて漕いでください。
その時はご一緒しますよ。
ドメインも、取るんでしょ?
いろいろな「SLOW」発信してください。

投稿者 たいまつ : 2005年09月02日 12:09

たいまつ家の皆さまも小野川湖の景色を満喫されたようで、
僕も嬉しいです。
是非またあの場所に訪れてみて下さいね!
先日、キヤンプ場の若オーナーにはたいまつ家とちょび家は、
小野川湖が気に入ったみたいだから近々訪れるらしいと言っちゃったけど…。(笑)

新ガンネル再進水式もおめでとうございました!
たいまつさんと川面で会える日を今から楽しみにしています。

投稿者 あず : 2005年09月03日 20:31

あずさん、十分に満喫しました。
そしてお気に入りの場所になりましたよ。
あずさんの言われるように、きっとまた訪れます。

> 川面で会える日を今から楽しみにしています

その前に、カヌーの漕ぎ方をご教授ください!

投稿者 たいまつ : 2005年09月04日 11:12

初めての書き込みで失礼します。
私も最近カヌーを始めたのですが、
フォールディングカヌーが欲しくなりました。
先日、キャンペットファミリーをヤフオクで見つけたのですが、
中古艇の価格の相場がわかりません。
色々と調べているうちにこのブログに辿り着きました。
失礼かと思いますが、購入したキャンペットファミリーの年式と
購入価格(譲り受けた価格)を教えていただければ幸いです。
またキャンペットファミリーのシートは据え置き式と聞いていますが、水が入りお尻は濡れたりしませんか?
出来れば早めのご回答をお願い致します。

投稿者 まるちゃん : 2005年09月08日 09:16

どうも、はじめまして。

年式は・・・ちょっとわかりませんが
ファルホークが製造を中止したのは1998年の春頃なので
それ以前のものということです。

僕の場合は知人からとてもいい状態のものを、
オプションもつけて格安で譲っていただいたので
譲渡価格は参考にならないかと思います。

ただ、オークションや中古艇情報を見ていると
だいたい6万~8万ぐらいが相場だと思います。
よほど程度もよく、おまけもついていれば10万ぐらいもありえます。

シートの件ですが、据え置きではないですよ。
取り外しができるものです。ただ取り付け方法が
現在のアルフェックというメーカーだと吊り下げ式なので
キャンペットのシートは多少濡れやすいかもしれません。
でもダブルブレードのパドルで漕ぐのだから、
シート形状に係らずどのみち濡れるでしょう。
水遊びなのだから、濡れることは前提でいたほうが良いと思います。

キャンペットは古いカヤックではあるけど、丁寧に使われていれば
それほど劣化していないと思うので、
古さを感じることなく楽しめると思います。

とても扱いやすく安定した舟なので、ぜひ手に入れてください。

投稿者 たいまつ : 2005年09月08日 10:01

早速の回答ありがとうございました。
非常に参考になりました。
これからもブログ楽しみにしています。
私は、茨城県の那珂川近辺に住んでおりますので、もしお近くでキャンプの際はぜひメールにてお声をかけてください。
一緒にアウトドアを満喫しましょう。

投稿者 まるちゃん : 2005年09月08日 19:17

まるちゃん、お役に立てたでしょうか?
また遊びに来てくださいね。

秋には那珂川に行くと思うので
その時はメールさせていただきます。
キャンペットの落札、頑張ってください!

投稿者 たいまつ : 2005年09月09日 11:26

先日ヤフオクでキャンペットファミリーを落札しました。
が……
商品が届いて早速進水式してみました。
乗艇してすぐ浸水確認!、20分もするとたっぷりと浸水!!
『進水式』ならぬ『浸水式』にすっかり意気消沈してしまいました。
期待が大きかっただけに非常に残念でした。
中古艇だったので多少の汚れや、破損は覚悟していましたが、乗ってすぐ浸水では……
非常に残念でしたが、出品者さまに連絡し、すぐに返品し返金していただきました。
ヤフオクの難しさを痛感しました。
今回は残念な結果となりましたが、購入に際しカヌーについていろいろ調べたので、確実にプラスにはなったと考えています。
こうしてたいまつさんのサイトも見つけ、お知り合いになれたわけですしね(^^ゞ

投稿者 まるちゃん : 2005年09月23日 17:42

>『進水式』ならぬ『浸水式』

それは残念でしたね。さぞ気を落とされたことと思います。
ボトムに破れとかあったんでしょうか。
それでも返金してくれる出品者さんで良かったですね。
また縁があれば良い舟と出会えるでしょう。
あせらず気長に探してみてください。

その時は、ご一報いただければ嬉しいです。

投稿者 たいまつ : 2005年09月24日 23:28

そうなのです、船体布のキール部分に長い補修跡(ここは完璧に補修してあったかな)やサイドに無数のピンホールがあり、その他にも記載にない故障箇所があったので補修しても完璧に浸水を止められるか心配になりました。
取りあえずもう少し我慢すれば冬が来てオフシーズン(高まる気持ちにオフシーズンはないのですが…)ですし、気長に探そうかなーとも考えています。
と言いつつ先日ミナミスポーツに見に行ってしまったのですが……

秋の那珂川楽しみにしています。
10月中ごろ以降だと幸いです。

投稿者 まるちゃん : 2005年09月25日 13:16

コメントしてください




保存しますか?