2003年04月21日

シー・ズーの魅力

【Shih Tzu】
Shih Tzu.jpg

◆歴史◆西太后の寵愛を受けた宮廷犬。
中国語でシーズーコウ:獅子狗、つまりライオンのような犬という意味。。もともとチベットの王宮や寺院で神の使いとして大切に育てられていました。長い間、国外への持ち出しさへ禁じられていましたが、17世紀に中国に贈られてからは、中国の宮廷犬として西太后の寵愛を受けたといわれています。

その後、1908年に西太后が亡くなってしまうと宣統帝は犬に興味が無かったので外へ流出してしまったという説もありますが、中国宮廷の崩壊で宮廷にいたほとんどの犬は殺され、たった5匹の犬が英国人によって助け出されイギリスへ渡り、その5匹が現在のシーズーの祖先となったといわれています。第二次世界大戦後、アメリカで普及したのをきっかけに、世界中の人気者になりました。原種は同じ小型犬のラサ・アプソとペキニーズの交配で生まれたとされています。

◆特徴◆気位の高いおっとり屋さん?
とても活発で陽気な性格を持っています。また、留守番の時間が多くてもストレスを貯めない方なので、一人暮らしの人でも比較的飼いやすいのも魅力。一方でプライドが高く、自己主張の強い一面もあることでも有名な犬種です。いつでもかまってあげることができて、しかも、しっかりとしつけられる人に向いているイヌでしょう。

お尻を振りながら歩く姿は、眺めていてなごむものがあります。チャームポイントは長く伸びる体毛。毛玉ができやすいので、美しさを保つためには、毛の根元から櫛かけをしっかりする必要があります。また目の周りの毛は涙や目やにで固まると、眼球を傷つけることもあるので、いつも清潔にしておくことが大切です。ロングのシー・ズーはとても品格がありますが、わが家では一年中ショートカットにしています。お手入れが楽だしとてもキュートです。

投稿者 taimatsu

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://freeflipper.net/cgi/mt/mt-tb.cgi/16

コメント

コメントしてください




保存しますか?